日本モダンの精華 at 大分県立美術館

京都国立近代美術館所蔵「首藤コレクション」


f:id:itsuse:20181006013447j:image

 

OPAMではおなじみ福田平八郎で開幕

落ち着きます

 

 

ポスターになってる「花菖蒲」実際見ると絵の具がキラキラ

朝顔に牡丹、この方の絵は植物がすきだな

その流れのまま日本画エリア

 

今回特に気に入ったのは2枚の黒鳥

菊池芳文「桜花群鴉図」

鴉の群れの黒、画面を巡る桜の白

質感も違ってパキッとしたコントラスト

須田国太郎「鵜」

手前の鵜?を納めつつその向こうの街並みを望む写真的な構図

 

堂本印象「訶梨帝母」

仏画と聖母のハイブリッド不思議

柘榴のモチーフなんかはそのまま輸入してるのかな?仏教でもあったかわからないや

その次の馬もゼウスが化けたような人間っぽさでたのしかったり

 

村上華岳「夜桜の図」

浮世絵的なたのしさ

江戸のひとってほんとに面白おかしく暮らしてたのか、それとも絵の世界、現在の社畜の二次元のような扱いだったのかなんてこと考えてた

 

町並みや人々の暮らし、天候の移ろいのあるテーマが続いてて、少し前にTLでみた話、レトロゲーへの回帰は作り込まれてない余白、想像に遊ぶことをたのしみたいクラスタがいるんだって話

自分の絵画鑑賞のツボここだなって

幽玄の世界に取り込まれたことに気づかずに過ごす人々の営み、まったり

この瞬間の前、後のうつろいがありありと思い浮かぶ、絵の中の大気だとか音が感じられるのがすきだなって

夏にやってたコレクション展のお話もこのラインでしたね

 

油彩でいいなって思ったのがどれか失念してしまったのだけどチマチョゴリの女性の絵

見慣れた油彩にはない鋭めの光

まとわりつく感じがなかったんだよね

他の作品も見てみたいなって思った

 

あと見慣れぬ頭で思ったのが油彩の静物画ってまぁそこにフォーカスしてはいるんだけど全画面がっつり塗り込めてるよね?

冒頭の平八郎なんかだと単体onlyじゃないですか、そのあたりの東西?派閥の表現の差みたいなの気になりました

 

いつもの展示室でしたが、近代邦人縛り思いのほか満喫する結果に

もう一回ゆっくりみに行こう