読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大覚寺_2016.09

天龍寺付近のバス停からバスに乗り、大覚寺へ。

静かなお山の上、膝丸さんを所蔵されているお寺さんです。

 
f:id:itsuse:20160919162730j:image

 

バスの本数が少なかったため、帰りのバス候補を数本調べてからお参りに向かいました。

境内はかなり広大で、趣の違った建物がいくつも回廊でつながっており、探検しているようで楽しかったです。

 

途中雲龍図を見つけることができず迷いつつ(安井堂のお堂の中、一番奥の天井でした。お部屋の奥まで行って見上げないと見えません)全体をぐるっと拝観して回りました。

 

最奥で御朱印をいただきました。

こちらから見渡すことができる大沢池はとても広く、ぼんやりと眺めていると心が凪いでいくよう。今年は蓮が遅かったそうでまだ少しだけ咲いていました。

こちらの建物が写経場となっており、皆さま静かに写経してらっしゃいました。

私はあまり時間がなかったため、般若心経をみんなで一文字ずつ写経するという冊子を体験させていただきました。こちらも完成後奉納されるということが書かれていました。

 

帰り際に売店に立ち寄り、膝丸さん!となりつつうろうろ。膝丸さんのイラストから刀身の図解から飾られていました。

こちらでは私のなかで懸案だった御朱印帳用の袋を頂戴しました。薄緑色に橙色の裏地と紐がかわいいです。菊の御紋入り、大切に扱いたいと思います。

サイズは一般的なサイズの御朱印帳が2冊まで入る大きさでした。

一緒に膝丸さんの鈴(メタリックグリーン)があり、涼やかでよい音でしたので一緒にいただいてきました。

 

また、こちらの御朱印帳、障子に描かれていたうさぎさんデザインでとってもキュートでした!

朱印帳をお探しの方にもおすすめです(HPに記載されています)。

 

売店を出、ほぼ定刻でバスに乗り、お山を後にしました。

今回は旅程には組み入れておらず、おすすめされるままに来て売店でようやく膝丸さんのところか!と思い至る始末でした(;^ω^)

事前の下調べで候補にいれつつも、すかっり忘れていたものの偶然尋ねることができよかったです。膝丸さんの公開は10月から。あわなかったのは残念ですが、静かな境内でゆっくりできたのはよかったと思います。